talk&tasting 土とパン – 未来を考える大丸神戸店:Mbase


11月26日大丸神戸店の6階のMbaseでtalk&tasting 土とパン – 未来を考える
というタイトルで先日パーランドコーヒーで開催したイベントと同じくコボトベーカリーの酒井圭一さんと対談イベントがありました。

Mbaseは大人の隠れ家というコンセプトで、百貨店では珍しく、地域団体(KIITOやモトマチ大学など)や農業、食などのテーマの今回のようなトークイベント、ファッションデザイナーやアーティストのトークイベント、水中カメラマンの方のトークイベント、お酒やコーヒーなどの楽しみ方など様々なイベントをされています。

イベントのつながりがないように思ったので、担当の手塚さんに何かしら関連があってイベント開催してるんですかと聞いたところ、いろんなイベントをすることで、来てくれた方が関心を持つ幅を広げてまた来たいなと思える場所になったり、新しいライフスタイルの提案に繋がったりすれば…。と思ってということでした


コボトベーカリーの酒井さんは、パンの販売を始めたきっかけが農業に関わることをしたいというところから。農業をやるのではなく、パンという一般の人に伝えやすい加工を施して小麦や食、農などの発信をするものを選んだそう。


パンは手段としてとてもうらやましい。これから店舗を持つ予定の彼のパンを買うことができるのはイベントなどでの出店だけ。
毎回行列ができ一瞬で完売。
そうやって小麦や農業について知って経験する人が増やしてる。おいしさという経験をしてもらうことが地域の農業や小麦栽培などについて少しでも興味関心を持ってもらえることに繋がるだろうな。
これはうらやましい限り。こういった取り組みをする人が増えることは嬉しい。自分ももっと伝える努力をせねばと身が引き締まるようです。


当日のイベントレポートについては酒井さんが詳しく書いているのでこちらもどうぞ↓

『 talk&tasting 土とパン – 未来を考える 』レポート

写真 
酒井圭一
Akira Mizuike