月別: 2018年1月

昨年から少しアドバイスなどで関わっていた播磨農業高校の生徒たちが高校生ビジネスプラン・グランプリというイベントでベスト100に選ばれました。 担当の筒崎先生に誘われ少しアドバイスしただけでしたが、その結果が出たようです。 […]

2月17日18日にキャッスルガーデンで予定している植え替え作業用の樹木堀採りを追加で行ってきました。 すべて姫路市内で生育する樹木を使って植えるというコンセプトで、昨年から引き続きになりますが、掘り取る場所がまだ少なく、 […]

庭をつくるという仕事をしようとは以前は全く思っていませんでした。今もそれが「庭」かと言われると、そうだと言えないかもしれません。作庭家と言われる方々の話を聞けば精神的な背景や京都の修行もありません。 ただ、そんな中で現代 […]

5,6年前くらいにJR姫路駅前の開発が終わり、かつてのどこにでもあったような駅前から、姫路城から姫路駅まで一直線につながる道と、広場ができました。 当時は行政がやっていることということで、「きれいになったな。」とは思いな […]

リビングソイル研究所

今日は朝から打ち合わせなどが続きました。 今日のミーティングはいつも以上にそう感じましたが、最初は土の問題解決と仕事を始めたはずが、関わる分野な内容が広がり、できることややりたいことが拡張していってるような気がします。関 […]

2018年2月17日、18日に行政ではなく市民が主体となって、新しい街の緑の提案になるような植栽をやります。 昨年度の「えきまえ里山」に続きもう一箇所手を加えます。 昨年の「えきまえ里山」(2017年11月ごろの様子) […]

2012年から講師として関わっているアグリイノベーション大学校という学校があります。 今日はそこの同窓会でもあり、今またはこれから何をしている(していく)かというのを発表する会が京都でありました。それに招かれたので参加し […]

自生種を使った植栽が増えれば良いなと、庭を作ったりする仕事をする以前からずっと思っていました。 そう思うきっかけもまた、土について考え始めるきっかけになったオーストラリアでみた取組です。 もともと、亜熱帯雨林の地域。開拓 […]

何年も前から、日本の農業の進むべき道は大規模化で効率を良くすることと政府などの目指す所はそっちばかりでしたが、日本の農地の特徴などを考えるとどう考えても、大規模化でのコスト削減や効率化だけでは難しいと思っていました。 で […]