2018年2月17日、18日 市民参加でキャッスルガーデンの緑を


2018年2月17日、18日に行政ではなく市民が主体となって、新しい街の緑の提案になるような植栽をやります。
昨年度の「えきまえ里山」に続きもう一箇所手を加えます。


昨年の「えきまえ里山」(2017年11月ごろの様子)

主体はあくまで市民。やったことがない。役に立てるかどうか分からない。昨年も様々な意見を頂きました。
今回のプロジェクトも、プロの参加でプロが作るのではなく、あくまでみんなが参加して、関わって、自分が関わった所!というふうに誰かに伝えられるような場になればいいなと思うのが目的です。
参加してくださることに意義があると思います。ただ見るだけでも、少し土をさわるだけでも、是非関わりに来てください。

内容は、昨年と同じ、姫路に自生する植物を使って、手入れが最小限ですんでかつ、駅前に姫路の自然の一部を切り取って通りがかりに少しでも座って時間を過ごせるような場所になればと思っています。

写真 :黒木大亮 lyhty

日時: 2018年2月17日、18日
場所:JR姫路駅前 キャッスルガーデン
2月17日(土) 既存樹木の移植。土ワーク。排水の確保など
10時〜12時過ぎまで
2月18日(日)
10時半〜12時
準備:樹木運搬など準備確認。
12時〜18時ごろ
土壌改良〜植栽まで

姫路の里山の樹木を使っての植栽作業。配置、植え付け。支柱の取り付けなど。(完成までの予定)
準備してほしいもの:汚れてもいい服や靴。作業用の手袋。

使う予定の樹木
アオダモ
イロハモミジ
コバノミツバツツジ
ウメモドキ
ナツハゼ
クチナシ
シャシャンボ 他


Photo: 黒木大亮(lyhty)

1月28日にも堀採り作業にいきます。参加希望の方は連絡ください。