高校生ビジネスプラングランプリ:播磨農業高校


昨年から少しアドバイスなどで関わっていた播磨農業高校の生徒たちが高校生ビジネスプラン・グランプリというイベントでベスト100に選ばれました。

担当の筒崎先生に誘われ少しアドバイスしただけでしたが、その結果が出たようです。

今日先生と話していて、気づいたこと。
大人だからといって良いアイデアが出るわけではないということ。
昨年まで、グループワークの案内役をやったり、グループワークに参加したりいくつか関わってきました。
普段ほぼ一人で仕事している身にとってはグループでの共同作業や仕事はとても刺激を受けました。
それと今回の高校生のビジネスプラングランプリの話を重ね合わせてみると、大人の人達のグループであっても、いいアイデアはあまり出ないことも多い。経験値が多いから現実的な内容で収めようとするのかもしれない。
高校生は今回のプランを見ても、なかなか突飛なアイデアが出てくる。実現は難しいかもしれないけど、問題とするポイントがずれていなければ、実際にやりながら修正していけば面白いかもしれない。
プランが実現に向かうように、また来年度はベスト100に入れるように、サポートできることはやろうと思ってます。