まちを緑にかえていく:キャッスルガーデン


今週末17日、18日にJR姫路駅前のキャッスルガーデンにて、まちを緑にかえていくプロジェクト(仮)を実施します。

コラムでも何度か書いているので、詳細の案内と、パーランドコーヒーオーナーのFacebookの投稿をシェアします。

姫路駅前広場が出来て約5年が経ちました。
残念ながら、芝生広場を筆頭に、緑がうまく育っていなかったり、枯れてしまっているまま放置されていたりと、憩いの場、玄関口としてふさわしくない状態、景観になっています。

また駅前のデザインコンセプトが、地産地消の為、 姫路の木、石、鉄をテクスチャとして用いていますが、植栽に関しては、その場にそぐわない西洋の植物や、姫路に生えていない植栽が植えられており、地産のものではなく、残念な景観になってしまっています。
と、いうわけで、駅前広場の一角に姫路の里山の樹々を移植しようという試みを行ないます。

リビングソイル研究所及び志ある人々が集まって作業を行ないますが、誰でも参加オッケーです。
ちょこっと見るだけでもどうぞ!
僕は店があるので行けませんが、当店も協賛しております。

場所:JR姫路駅前 キャッスルガーデン
2月17日(土) 既存樹木の移植。土ワーク。排水の確保など
10時〜12時過ぎまで
2月18日(日)
10時半〜12時
準備:樹木運搬など準備確認。
12時〜18時ごろ
土壌改良〜植栽まで

姫路市が主催しているマチヅカイ大学の今年の取組でのチームのプレゼンより。
こんな風につながっていくと良いなという絵。(緑人プロジェクト)