まちを緑にかえていくVol:2 キャッスルガーデン


姫路市民によるキャッスルガーデンワーク1日目が終了しました。
既存植物の移植と、土を全部出して排水を確認しました。

0.7m×5mと狭い環境で、更に底が0.65mしかない浅い植裁ます。大きなプランターのようなイメージ。
コンクリートのプランターなので、水がちゃんと抜けるかどうかを毎回確認しないと不安なので、確認のために掘り下げましたが、今回は下の方で水はけが悪く、抜けずに溜まっていました。
その原因は施工ミスなのか、排水口が下向きに一箇所ついていたことが原因。パイプが1cm以上高くなっていました。
それを参加者の方に切ってもらい、フラットにしてたまりにくいようにしてから、暗渠パイプを入れて排水がうまくいくように強化。

初日は15名ほどの方が参加されたので、一気に作業が進み、土を出したり移動したりしたのに、予定より早く終了しました。
排水がうまくいけば今回の植栽はうまくいくので、それだけは時間かけて大変であっても、ちゃんとやっておかないといけないことでした。
2日の作業のうち、今日が大変で汚れる土の作業でした。そんな作業も参加者の皆さんが頑張ってくれたので、早く終わりました。

明日はメインの植栽作業。今日以上に多くの参加者が来られると思います。できるだけ多くの方が関わって、自分がやった!という場所になればその場所への想いが変わるはず。それがこのプロジェクトの目指すところです。