姫路市・Parland coffee


姫路城から北へ、徒歩約 15 分。コーヒーと 緑と図書の店「パーランドコーヒー」では最近特に、ウッドデッキのテラス席を選ぶお客様が増えているといいます。店内と庭との境界はナチュラルな木枠のサッシで、ふりそそぐ外光は十分。庭に向かって開かれた造りのカフェで、さらにオープンエアーを望む人々が増えているのは、土や緑がもたらす、心からくつろげるひとときが以前にも増して必要とされているからなのではないでしょうか。
2014年秋、「身近な山々の自然を再現したい」というオーナーの意向で、庭のリデザインと土壌改良を行う「パーランドコーヒー×リビングソイル研究所」のコラボレーションプロジェクトがスタートしました。
テーマは「雑木林」。もともとの土の状態が悪く、木々が枯れていたので、手間をかけなくても植物が育つように土壌を改良。庭の心地よさだけでなく、周囲の景観とつながり、まちなかの雑木林を増やして山々の生態系につなげていきたい…という壮大なプランです。

当時の土は植物が育たないがれきが交じった 真砂土。木々に包まれる印象ではなく、ハーブ類が主役でした。大きな木の根が出ていなかったので、木々の根が張りめぐらされるよう土壌を改良。全体のバランスを考えながら エリアの整理を行い、テラス席の正面を雑木林に。食材として提供できる多種多様なハーブ類は、エントランスの横にまとめました。
現在は高木のコナラ、中高木のヤマコウバシ とソヨゴ、低木のハクサンボクやカクレミノ、 ナツハゼ、ヤマブキ、ミツバツツジや下草など…和洋 40種類以上の植物が不思議な調和を見せながら、すこやかに生育中。庭のリデザインと土壌改良は、まだまだ続く予定です。

つちにわ01より 
文:二階堂薫

Parlnd Coffee - パーランドコーヒー
〒670-0871 兵庫県姫路市伊伝居8
営業時間 12:00~18:00
定休日 水・木
http://www.cafe-parland.com