姫路市・Perland Coffee (初期)


2012年7月31日オープン。その約1ヶ月後に行った初期の庭作り計画です。

オープン前にオーナーが自分で樹木を選んで植え付け作業。エゴノキ、イロハモミジ、ヤマボウシ、シマトネリコなど、今も残る木々の植え付けを行いました。

当初植えた樹木の何本かがすぐに枯れてしまった事をきっかけに、相談を受ける。調べてみると元々の土地の土ではなく、植物にとっては厳しい条件の真砂土に、もみ殻牛糞堆肥を入れている状態で多くの木々が全く根を出せず枯れてしまっていました。

ひとまず土を改良すれば、既存の樹木の生育環境は改善できるという判断で、土の環境改善から始めました。

2012年10月に土壌改良ワークショップ開催。参加者の方々と一緒に 枯れてしまった樹木を抜く。

オープン当初の外観。植えられた木々がまだ小さい。 正面左手には今も残る株立のシマトネリコ。 右手にはヤマボウシ(移動済み)。

南面の一番広いスペース。オープン当初はエゴノキ、イロハモミジ、シラカシといった今も残る樹木と、その周辺にはオクラやバジル。チェリーセージなどが植えられていました。

入り口横(オープン当初)。 ヤマボウシの足元にはハーブ類。 日照りがきつく、葉が焼けています。

土の環境改善は施したものの、環境が合っていない植物(暑さや熱に弱い植物)を日当たりが良い場所に植え換えました。 「もともと雑木林の中で、その樹木を残しながら建物を立てた。」というオーナーのイメージを叶える形で少しずつ変更していくことを提案しました。

そして2015年3月。庭づくりのワークショップをして、集まった方々と変更植栽。これから2年ほどかけ、ワークショップやその他作業を経て、店周辺全体を少しずつ変更中。 これからも変わり続けていきます。

2015年時の東側植栽。全体移植や植替えなどを行う前の状態。

植え替え後。翌年(2016年)春

正面右手。植え替え後。

植え替え以前(2015年秋)の2014年に植えられていたジューンベリーとよく茂ったオリーブが1本。

植栽ユニット(1メートル四方のサイズの提案) アオダモ・ジューンベリー(既存)イロハモミジ オトコヨウゾメ サンシュユ ハルイチ バンツツジ、ヤマブキ ヒュウガミズキ 山野草約10種類(下草)

2016年秋 正面左側。