旅する大地:森とまちをつなぐ


「旅する大地」とは

「旅する大地」は、自然資源の活用を通して、森とまちをつなぐ取り組みです。

山林や農地などから発生し、通常ゴミとして廃棄される副産物(バーク・刈草など)を良質な土壌改良材として再資源化します。これを公園や庭などの緑地に供給することで、環境的にも経済的にも実りある仕組みを創り上げる事業です。

旅する大地のホームページより

神戸市王子町のミドリカフェのウチダケイスケさん発のプロジェクト。
土をメインテーマに、街と緑をつなぐ取組。
目下継続中

プロダクト「森育ち」は姫路産(リビングソイル研究所が担当)です。

熊本県鹿本市の鹿本森林組合、丹波市など、様々な場所でプロジェクトが進行中?

デザイン:池上直樹(コトホギデザイン)
文:二階堂薫さん
ウェブ:長島祐輔(フォーククリエイティブ)
森育ちパッケージデザイン:池上直樹(コトホギデザイン)