コラム

JR姫路駅前に数年前に出来た芝生広場。 その場所の芝が何度か植え替えても使う人が多すぎて枯れてしまう。 この場所を今後どうすればいいかということで、昨年夏ごろから行政と市民、専門家などの集まりで話し合いをしています。 年 […]

リビングソイル研究所

2017年3月20日に姫路ロータリークラブで講話をした際に会報へ寄稿した文です。話した内容を短くまとめました。 普段から土について考える。 土について考えること。日常生活ではほとんどの方が意識したことはないと思います。私 […]

週末の二日間。播磨庭匠会という造園屋の勉強会で、大北美松園の開発した三和土(たたき)の講習がありました。 姫路市の運営する好古園にて、休憩スペースの土間をやりかえました。 土を使うと言っても三和土はまた全然違うのでとても […]

先日、兵庫県立播磨農業高校の先生と知人を介してお会いして話をしました。 その際に、高校生たちに土についてのことを教えるのに協力してほしい。という依頼をいただき、早速行って来ました。 農業高校のカリキュラムには土についての […]

今年2017年2月に市民参加型で植栽のやり直しをしたJR姫路駅前の「えきまえ里山」のメンテナンスを提案したチームメンバー全員でやってきました。 通る際にずっと様子は見ていますが、手入れはみんながそろったときにやっています […]

読み終えたばかりですが、良書だったので紹介します。 落葉樹林の進化史 ロバート・アスキンズ著 鳥類の研究者である著者による温帯の落葉樹林で起こっていることを、アメリカ東海岸の落葉樹林帯、日本を含む東アジア、西ヨーロッパの […]

リビングソイル研究所

最近、「造園屋さん?」と聞かれることが増えました。 庭をつくる仕事をするとは思ってもいませんでしたが、実際に今多くの依頼を頂いています。 姫路駅前のキャッスルガーデンでの作業中。市民参加で作業中。 今でも造園屋さんと言わ […]

リビングソイル研究所

2012年から関わっているアグリイノベーション大学校(初期はマイファームアカデミーという名前でした)。関わり始めてから早くも5年以上経ちました。 関わり始めたっきっかけは、マイファーム代表の西辻一真さんからFaceboo […]

おすすめの書籍2冊目はGary Zimmer著「Biological Farmer」です。 オーガニック(有機)、慣行農業の2つは対比するものとして良く比較されますが、バイオロジカルという考え方はその2つをつなぐ技術・考 […]