苦土石灰の使い分け。

苦土石灰は、どのように使い分ければよいですか?

石灰の主成分は、炭酸カルシウム。一般的に植物の生育に必要なカルシウムを補充したり、土壌 pH を調整するために有機石灰を使用しているのではないかと思います。 「苦土」はマグネシウムのことで、カルシウムと同様に植物の生育に欠かせない成分の一つ。マグネシウム系の肥料を使用している場合やマグネシウムが過剰な場合を除き、多くの農地にはマグネシウム源がほとんどありません。土壌の養分バランスを保持するために、苦土石灰を選択肢に入れてはいかがでしょう。 ただし、石灰分は溶けにくいため、一度用いると一作のうちにすべて溶け出して土壌からなくなることはなく、時間をかけて植物に吸収されます。作付けの際に毎回○ g 入れるものだ、という決まりもなく、pH を測定して土壌の状態を確認してから量を決めたり、植物に吸収されやすいよう (可溶性) にするために堆肥づくりの際に混ぜておくことで、生物の力を借りるのもよいでしょう。この方法により、堆肥の質の向上が実証されています。