大切な土のこと

なぜ、土が大切なのか?

人が摂取している食べ物の 99.7 %は、土から育ったもの。命を育む自然の水が循環する時、土は最も重要な役割を果たしています。作物はもちろん、動物や微生物に至るまで...私たちをふくむ多様な命は土から始まる食物連鎖に支えられて、 今日も生きているのです。


土が変われば、世界が変わる。

人が手を加えていない森では、土と植物がバランスを保って持続的な仕組みを構築しています。土を適切に管理するには、自然が土を生み出す仕組みを知っておくことが重要です。農地や身近な環境で土の状態を改良できれば、現代社会が抱える多くの課題を解決に導くことが可能。「土から考える」視点を持って、土を見直すことが必要です。


ますます大切な、これからの土づくり。

同じ土地にある土でも、管理の仕方しだいで差が現れます。管理が適切におこなわれると、目で見てわかるほどの変化が現れ、植物の生育や周囲の環境も大きく改善していくのです。