あそびの丘 認定こども園:兵庫県たつの市 園庭整備・植栽

2020年にはいってからスタッフとして関わられている方から依頼をいただき、プロジェクトに参加。

園庭は木村歩美さんという園庭整備を全国で手掛けている方の整備方法で整備。
予算をかけて作り込むのではなく、最小限に今できることの提案。
もともと幼稚園だった場所をリノベーションで作り直している場所。園庭も広さはあり、このスケールで買ってきた樹木をちょこちょこ植えても広さに負けてしまうので、どうしようかと考えました。
すぐ裏には山があり、裾がごちゃごちゃに混み合っていてうっそうとして暗い。
せっかくみどりも自然もあるのに、良さが引き出せていないのが現状なので、これを整備することを提案しました。
初日は森のあかりの岡本くんと二人と園のスタッフの方に協力してもらい、既存の山の樹木を伐採剪定して明るく自然と園庭がつながるような整備をしました。

樹木も一部その山から抜いて移植準備中。それは2日目につづきます。

整備前。ビフォーの状態。

整備中(初日途中)写真は暗めで分かりづらいので、次回3月11日の作業の際に撮影予定

協力:森のあかり 岡本忠彦さん

2日目。
同じく協力に岡本くん。あそびの丘の保育士の皆さんに手伝ってもらいながら、山の整備、山の植物の掘りとり。土壌改良、植栽を行いました。

前回山から掘り出しておいたイロハモミジの6メートル超。コナラなどに加えて、今回も小さめの植物ですが様々なものがあったので、それらを使った植栽となりました。

土で多くの築山を作る工事が終わっていなかったので終わった中で場所を選んでいくつかの島に植栽。
ゼロ歳児クラスの部屋の前に、コナラをメインに、ソヨゴ、イロハモミジ×2本。ヒサカキ、シャリンバイなどを植えた島。

その奥には、ヤマザクラ、アキニレ。クサギ。 自生するものを使って、園で子どもたちが遊んだり、染めたり、匂いを嗅いだり、色を見たりなど様々な変化が楽しめるものをまとめました。ニレやコナラが育つとしっかりと影ができて木陰の中で子どもたちが遊ぶ姿が作れると思います(数年後以降になります)

植えた樹木
エノキ
アキニレ
コナラ
ヤブニッケイ
ヤマザクラ
クサギ
ソヨゴ
イロハモミジ
ヒサカキ
シャリンバイ

すべて周辺から掘りとり