姫路市の公園管理の新しい形づくり:姫路市公園部  公園整備課・公園緑地課

姫路市の行政の公園担当の部署。公園部からの依頼でパークマネジメントの新しい形づくりの勉強会をやっています。
2020年度からの開始で、第一回目は大阪府立大学の武田重昭先生とリビングソイル研究所西山の2人が講師として参加。
自治会や公園ではなく地域の広場で先進的な取り組みをしているNPO法人スローソサエティの米谷さんが参加。

第一回目は役所内で公園の現状についての話を聞いて。そこから何ができそうかを考えるという機会になりました。
何名かの担当者の方から話を聞きましたが、課題山積。
苦情
主に自治会が組織した公園愛護会が日常の公園の手入れをしているが、高齢化で愛護会をやめたいところが増えている
。愛護会の年3〜4回の除草ができるか。できない。愛護会をやめさせてあげたいけどやめさせれない。愛護会には10,000円から50,000円程度の謝礼(主に参加者に配るジュース代?)
公園の数が950近くある。公園の現業職員の方は30名程度。緑の大きな手入れは3年に1回。やってもやっても追いつかない。外注する予算も厳しい。そもそも人口減で予算が増える計画もない。この状況を変えていかないといけない。

2回目。2020年10月8日。
主に現業(現場を回ってメンテナンスをしている皆さん)を対象に姫路市の国道公園で現地実習。
本当は現業の方々が普段どういう手入れをしているのかを見せてもらって、それに対して変えるポイントや意見。
より良い手の入れ方の話やデモンストレーションの予定でしたが、雨で現業の方々は作業ができないということで、一人でデモンストレーションをやることになりました。
通常の手入れの方法について話を聞いて、聞いたことに対して答えながら低木や高木の剪定の仕方でより手入れの少ない方法を伝えました。
切り方やどうしたいかということについては、驚いたことに公園の管理をしている自治会や愛護会の方と話をして打合せをした上で、その要望に答えるという形で管理をされて来ているようです。要望自体は変わらないと思うので答え方を変えるしかないかもしれません。

実習後、思ったより現業の職員の方々からの反応は良く、敵対的にならなかってホッとしました。
違う手の入れかたを伝えるということはこれまでやってきたことが間違っているというふうに伝わる可能性もあったので、そう伝わっていなくて一安心でした。

研修をやりながら、意見や話を聞いて、現場での課題も色々と見えてきました。やはりやり方を変えるのはすぐには難しいとは想いますが、外注の業者さんには無理なことかもしれませんが、現業の方々が取り組みを変えることは可能性として有り得そうです。
最初の手入れの際にこれまで以上に手間がかかるのが課題。

これから公園の管理のどこをどうすれば良いかをメモに書き溜めていこうと思います。できることが多くありそうです。これからの長くて3年程度の期間中にどこまで変えることができるか。
変えたいことは公園内の自然の管理の仕方全体。想定する効果としては、予算削減。クレーム減少。長い期間を考えての手入れの簡易化。など様々。

研修2日後。現地を覗きに行くと作業中でした。5名で3日間ほどかかる作業。
班長の方と話をするとなかなか高評価な意見。現場で大変な現状と将来に向けての大変さなどを考えると共感してもらえるのかもしれません。

剪定の実習で雨で高木が触れなかったので、低木のヒラドツツジの剪定の実習をしたのですが、早速同じ列2列分30株位の剪定をしてくれていました。刈り込むのではなく、中から枝を抜いて、下から新しい新芽をふかす。3年後の手入れ時には2メートル超の大きな株立になっているはずですが、その際には、今回残した枝を落とし、本数を制限して高さもボリュームも落とすのが容易になります。

こn

いつもどおりトリマーによる刈り込み。

このままだと3年後壁のように茂って奥が見えない不気味な公園になってしまいます。切り方を変えることは、初年度の切る量も残さ量も増えるので手間に思われますが、3年スパンで考えると3年後には楽に良い状態を維持できるようになります。公園は明るく見通しがきいて、ひと目につかないところがなくなるのが理想だと思いますので、管理方法を変えることで近づけていければと思います。

作業中の班長と少し話ができましたが、モデル公園を作って手入れの仕方を変えるのを全体で実践できるように自治会や公園愛護会にも協力を求めるつもりだそうです。嬉しい反応です。現場目線での課題や自治会や地元の人からのクレームなど大変な仕事です。

姫路市の国道公園(くにみちこうえん)全景
今回は現地研修をした場所ですが、少しこれまでとは手の入れ方が変わっています。