暮らしを遊ぶ、すこやかな平屋:岡山市南区 有限会社:福富建設設計施工

2020年秋のプロジェクト

いつも岡山から依頼を頂く、有限会社福富建設の新築物件、今回は北側の入り口側の顔を整える植栽と、芝生のご依頼でした。

一日中お施主様や福富建設の大工さんも手伝ってもらい傾斜地に植栽を施しました。使った石は毎回現場に持ってきていただいている岡山県の石です。

すぐ近くに山があり、山の方に向かって開いている土地が気に入り、土地を購入された場所なので、その山の景観に繋がるような計画としました。
傾斜地はならさず、石垣や塀のようなものも作らずできるだけシンプルにボリュームの出る植物を配置しています。傾斜は樹木の根で安定して止めることができます。

お客様が現場に来られて一緒に作業するということはよくあることですが来ていただくことでどのように手入れをしていくかどのように植えたしていくかなどアドバイスをしながら作業を進めることができます。

手入れの方法については伝える機会を作っていただき伝えるようにしますが、1時間では時間伝えられることに限りがあります。
このように時間をかけて伝える機会があるというのはその後の手入れについても安心することができます。
伝えるだけでなく、現在は手入れの仕方をまとめたPDFをお渡しして忘れたときの補助資料としています。

建築設計施工、有限会社福富建設

棟梁兼現場監督 岩本棟梁

外構 城山工業
植栽、外構プラン リビングソイル研究所
植裁協力・芝:暮らしと植物