住宅地で景色を作る:姫路市新築植栽 クオホーム

課題:
道路沿いで車通りが多い。開口部の正面にはボリュームの有るマンションがある。外構で塀で閉じるが、窓からの景色がないので、景色を作る植栽が必要。プライベートの庭を使えるスペースは残しておく。

計画:
塀の外にはできるだけ多くの緑を配置。道路や外観が無機質にならないように外に対する緑の提供。
塀の外側の植栽は、小さめのものを多く配置しているので、年々育って緑のボリュームがしっかりしてきます。最大サイズが3メートル前後(塀を越える高さ)
開口部正面はしっかりボリュームの有る緑。高木はエゴノキ1本。手入れは容易に。
季節変化による開花を考えた植栽。室内側は常緑樹を多めに配置。
正面のマンションはエゴノキが育つことで存在感をへらすことができる。
狭い庭なので高木をあまり使わず、2メートルサイズの低木を多く配置。

建築設計施工:クオホーム
外構工事:明神総合建築
植栽計画施工:リビングソイル研究所