樹木の山採り:建築会社からの依頼 株式会社ヤマヒロ 2019年~継続中

2019年から樹木の山採りを依頼されて、保管場所の山の整備なども含めて進めています。
使えそうな樹木を選び、移植。一度に大量にできないので、2~3日から1週間程度の時間を取りながら続けています。今で150本程度移植しています。

この取組自体は、はりまの杜住宅展示場を建てる際から始められているそうで、2012年から続いています。
リビングソイル研究所としてヤマヒロに関わり始めたのは2017年頃からなので、その5年前には始められていたそうです。

きっかけははりまの杜の植栽を依頼した荻野寿也さんから山に良い樹木はないかという問いかけから始まったそうです。
宍粟市には山勝という山採り樹木を販売されていた事業者の方がおられました。ヤマヒロも山勝さんと一緒に樹木を掘られていたのですが、2018年頃に山採りをされていたスタッフの方が退職されて停止していました。
それを引き継いだ形で弊社が関わっています。

またここで移植したものはヤマヒロの新築の現場で使用される予定。

傷んだモデルハウスの庭用に一部使っています。