姫路市公園改革 2021年度 姫路市公園部との協働 剪定研修講師

2021年度も2020年度から引き続き公園部の研修の講師とし関わっています。

緊急事態宣言下で全体の研修がなかなか日程が組めず、また姫路市の公園は市会議員の不当要求による問題により公園部はその対応に追われ、先への取り組みができていませんでした。

メールでの方向性のやり取りなどはしつつ、リアルなミーティングは7月末。現場で動いている職員の方々と、事務の職員の方々と一緒にマニュアルや現場での管理方針についての話。具体的に今年取り組むモデル公園についての話など。

2021年9月7日。モデル公園(市川西第一公園:姫路市)での事前打合せ。
10月14日に同公園にて年1回の剪定研修を依頼受けて弊所でやることになりました。そのため事前にどういう方向性で管理していくか検討し、打合せをしました。

事前の調査時。普通の剪定で管理コントロールするのはちょっと大変な公園だなと思い…大丈夫か少し不安。

外周に樹木、それもヤマモモ、クロガネモチ、マテバシイなどが外周に多い。低木はシャリンバイ、ヒラドツツジが大きく茂る。

このような公園が970位ある公園の半分位。この公園は難しそうと思っていましたが、他の場所でも応用が効くようにと考えるとここでやる意味があります。

ここを実例に、いかに現場職員のみなさんがきれいに早く、楽に管理ができるようになるか。また地元自治会の方に納得してもらい、思った以上にきれいに維持ができるような管理を考えました。

2021年9月7日の写真

ここでの課題
1,外周に低い位置で茂る低木のあり方
外周に茂る低木は見通しが効かず不快かつ、危険(車の見通しを邪魔する、ボールなどが入り込んでしまう。草刈りしにくい、蜂の巣が目視確認できない、実生の木が管理できない)

2,外周の常緑高木について
外周にはクロガネモチ、マテバシイ、ヤマモモと最大樹高20メートルサイズのものが列植で多く植えられている。(生育環境が悪く生育が悪いことは幸い)
3,地元の方々の公園への関わり方について
地元の方々は基本的には草刈りをしてくれている。(おそらく年2回ほど?)
子どもたちが遊んでいる形跡が少ない(草の伸び方を見て)荒れた公園になったイメージをどう変えるか。
4、地元とのコミュニケーションをどう取るか。
3年に一度の公園部による手入れだけではどうにもならないので、いかに地元の愛護会の方に関わってもらえることを増やすかを考えねばならない。

5,剪定講習会の進め方
昨年までの剪定講習の話を聞くと樹形を作る庭木の管理(造園組合による)の方法を指導されてきたそうですが、人によって違うのと、年1回以上管理する庭の考え方で3年に1回の公園を管理するのは無茶。
3年に1回である程度茂らせても良い公園のあり方をベースに剪定については考えなければならない。

解決策:今後の検討事項
1, 外周の低木について
入り口周りのシャリンバイなどの見通しを遮っている低木はすべて伐採して、根を抜いてしまう。それ以外も高木の足元にあるヒラドツツジなども同じく必要性がないので、抜根。できる限り開けて見通しの効く公園を作る。出入り時に車からも見えるようにする。外をあるいているひとや住民から公園の中がある程度見えるようにする(安全性の確保)
低木は必要性がある場所のみ残す。(実生木が間から生えてくるのを止めるために2回に1度程度はすべて切ってしまって実生木は枯らす)

2,外周の常緑高木について
角の見通しが効かないものは伐採(抜根も含む)
間隔の狭いものは抜根(樹木間隔が狭すぎる物が多い)
などあるものすべてを剪定するのではなく、そもそも必要な場所にきれいに整ったものを育てていく方針に転換。
残した樹木については低木を減らしていく方針と合わせて、それぞれ管理しやすい樹形を作りながら、樹木のボリュームを高めていく(公園の緑のあり方の基本方針を作る)ことで環境や災害対策などの公園が持つべき基本機能は確保して、かつきれいな公園を作る

3,地元の方々の公園への関わり方について
この公園については草刈りだけをしてくれているのが現状。(年2回程度)
草刈りのみで3年以上快適な環境を維持していくのは困難。後2つ位簡易で、長期的に必要な維持管理は何かを考えた
今日出た案(この公園でのこと)
1,草刈り(できればもう少し頻度高くが理想)
2,実生苗を抜く
アカメガシワ、エノキ、クロガネモチ、クスノキなどの実生苗が育ったままになっているのを初期の小さな頃に抜いてもらう。
それがされていれば、3年以上経って管理のときに大変な作業が一つ減り、荒れた見た目になるのも防ぐことができる。
理想を言えば、良い実生苗は育てたいところだけども、どれを残すかは難しい。
3,萌芽更新(伐採した樹木の株元から新しい新芽が出てくるように誘導すること)をした初年度、2年目と何本か下からでてきた枝を抜いていく
モチやマテバシイなどは株元から伐採して新しい新芽を吹かせて株立に仕立て直す。それが3年放置すると見通しのきかないボサボサの塊になってしまうので、それを初年度、2年目と抜いていく。 この作業自体は毎年やっていれば1本あたり2~3分で終わります。

このくらいの作業を付け加えてやってもらえればよりきれいな状態で、職員による手入れが可能になります。時間の余裕があればポジティブにきれいに整えるための作業や、新しい樹木の追加なども可能になるでしょう。毎回毎回同じ作業の繰り返しをやめることが大切です。

姫路市のこれからの公園管理における循環型の導入

協力が見込める公園には、コンポスターの設置を行い、公園内で出た草、落ち葉などの堆肥化を行っていく予定です。

写真は街路樹のアダプトで取り組む市民の方が設置したコンポスター。歩道に2つ設置で、周囲の落ち葉などを堆肥化。

公園内で出た落ち葉はこれまで近くの住民、愛護会、自治会の方々がゴミ袋に詰めて集めておいておく。それを公園部の職員が回収。という流れになっていましたが、それらの大半を堆肥化することで、集めて焼却するエネルギーや費用をなくし、植物が吸収した二酸化炭素を堆肥の形で固定。

住民による堆肥の活用などを考えると地域での環境の取り組みモデルになり得るはずです。

公園管理で出た枝などはできる限り炭化。炭は植栽時に使う。
太い幹などは、薪ストーブの薪に活用。
捨てずに使う。それを出来る限り標準化していこうと考えています。

以上のようなことを打合せで確認。

次回は、10月13日、公園部の研修会。翌日14日には剪定講習会。