コラム

建築知識ビルダーズの2021年春44号に設計者の飯塚豊さんの記事で9ページに渡って取り上げられています。 飯塚豊のカタチが決まるまで間取りを描くな テーマ:住宅を魅力的にする中間領域 津市F邸 掲載されています。

毎年1度は大きく庭をさわるParland coffee今年はテラス席東側のカウンター席前を全体的にさわりました。 最近オーナーと地面との距離と植物の距離感の話を良くしていたので地面の高さを上げて、植物をより近くに感じられ […]

リビングソイル研究所

植えてからほとんど生育しない果樹の生育改善をしました。 ナシの苗木を植えても育たない。今回の件も植える位置の問題でした。 左手は元々植えてあった位置の根の出方。右から発根しています。 右手のは同じ苗木の幹発根の根を切り植 […]

2021.02.23

庭をいける

庭をいける小冊子 発刊。 暮らしと植物の三宅さんと共同作成しました。 外で育つ植物の枝を切って室内でいけてつかう。観葉植物のように受け身でなく、アクティブに植物と関わる入口のひとつになると思います。 PARLAND CO […]

2020年10月20日号真剣ハウジング表紙と一面にリビングソイル研究所で関わったモリシタアットホームのモデルハウスの記事が掲載されました 設計は松尾設計室の松尾和也さん。 写真で見えている、中庭のの扱い方。設えを担当しま […]

2021年本日から仕事はじめです。 年末年始はほとんどどこにも行かず、年始そうそうから、ご近所さんが長年育ててこられた水路沿いの植栽の手入れ。植え替えを引き継いでやったり、自宅庭の植栽のやり直しをしたり、モデルガーデンの […]

スペクテイターの047号が土の学校という特集号です。本屋などで見かけられたら是非手に取って読んでみてください(リビングソイル研究所は取り上げられておりません)

剪定バサミは使わないときは剪定バサミケースに入れて腰につけておくのを基本にしてください。 使っているとき以外に手でもっていると邪魔になりますし、使うた びにどこかにおいていたらハサミを探すのに時間がかかってしまいます。剪 […]

剪定用の鋸は高木の剪定・伐採。太くなった低木で使います。できればあれば便利です。 シルキーTSURUGIカーブの左利き用 210という型のものを使っています。 左利き用を使っているのは、腰の右側 に剪定バサミ、左側にノコ […]