コラム

地球の会サミットに参加して、会議が終わった日から翌日とオプションツアーにも参加しました。 はじめての富山で感じたことは 1件1件の家に植えられている樹木のサイズが大きい。屋敷林の文化があるからかもしれませんが、10メート […]

リビングソイル研究所

富山市で開催された木の家づくりサミットにヤマヒロの三渡社長に誘っていただいて、参加してきました。 今回のサミットは1年半に一度、会場を変えながら全国の木の家づくりをする工務店、建築会社の方々が集まって先進的な事例の話を聞 […]

大きな木を育てることは難しいことではありません。土の状態次第で樹木はそれぞれが伸び たい高さに育ちます。しかし人が暮らす街中で育つ樹木すべてが大きく育てばいいかという とそうではありません。それぞ […]

植えた木が弱っている 植栽後6年ほどたって衰退した常緑樹のソヨゴ。樹高5メートルほどのサイズですが、植えられてから育つよりも衰退してきており、葉の量は少なく、特に上の方に行くほど枯れ枝が多い。 見上げた写真:上の方は葉が […]

落ち葉はやっかいもの? 落ち葉は常に問題視されていて、植物が好きな人であっても近隣の人を気にしないといけないですし、大きな樹木がある地域に新しく家を建てた方で、落ち葉で樋が詰まるし、邪魔だから切りたい。と言われたこともあ […]

2017年度に一般社団法人国土政策研究会 公共空間の「質」研究部会 まちなか広場賞審査会が主催するまちなか広場賞という賞にて、姫路駅北にぎわい交流広場が大賞に選ばれました。 管理の取組についての評価もあり、昨年度の「えき […]

リビングソイル研究所

何年も前から公共空間(公園、駅前、街路樹、公共施設周辺など)の植物が弱ったり、本来のサイズではなかったり、ぶつ切りされていたりするのを目にして来ました。当然そんな場所は土についても考えられておらず、残さの管理(大体ゴミと […]

午後12時からの中途半端な時間からスタートながら、公共の場を自分たちの場として市民が関わって変えていく。 総勢30名ほどの方が関わって土壌改良から植樹、マルチングと仕上げまで関わってやっていただきました。 12時にスター […]

姫路市民によるキャッスルガーデンワーク1日目が終了しました。 既存植物の移植と、土を全部出して排水を確認しました。 0.7m×5mと狭い環境で、更に底が0.65mしかない浅い植裁ます。大きなプランターのようなイメージ。 […]